「世界気候エネルギー首長誓約」国際ワークショップ in 東京 【終了しました】

駐日欧州連合代表部、「世界気候エネルギー首長誓約」のアジア事務局及び日本事務局は、2022年10月24~26日、東京で国際ワークショップを開催します。

この国際ワークショップは、気候変動に取組む地方自治体の世界最大のネットワーク「世界気候エネルギー首長誓約」に署名している日本の自治体首長及び担当者を対象に、欧州と日本の気候変動対策の経験共有、情報交換を行います(日英同時通訳あり)。現在、「世界気候エネルギー首長誓約」には、世界で約12,000 の自治体が参加、日本国内では37 自治体(10月21日現在)が参加しています。

◆10月24日のワークショップは、欧州委員会のジョイントリサーチセンターから講師を2名お招きして、日英同時通訳で行います。セッション1では、環境省のご担当より、日本の地方公共団体実行計画制度について、情報提供いただきます。セッション2では、名古屋大学の竹内恒夫教授によるツールの説明、試行があります。セッション3,4は欧州でも注目されている気候変動適応とエネルギー貧困をテーマとします。
◆10 月25 日(火)は、駐日欧州連合代表部 公使のハイツェ・ジーメルス氏の開会挨拶をはじめ、各セッションでは、誓約自治体の首長が登壇します。冒頭には、松尾清一 東海国立大学機構 機構長がオンラインで挨拶する予定です。
・門川大作 京都市長(開会挨拶、「世界首長誓約/日本」運営委員会委員長、オンライン)
・若生裕俊 富谷市長(セッション1)
・山添藤真 与謝野町長(セッション1)
・藤本正人 所沢市長(セッション2)
・林 宏優 山県市長(セッション3)
◆10 月25 日午後13 時25 分から、新たに参加する自治体の誓約式を会場で開催します。

詳細はこちら→ 国際ワークショップのプログラム

ワークショップは、10月24日のみ、自治体のご担当者を対象(にハイブリッド開催します。誓約していない自治体もご参加いただけます。参加希望の自治体の方は、フォームを送付ください。参加申込みの締切は、10月23日正午です。

参加申込みはこちら➡Google フォームに記入

ワークショップ用ファイル(参加者限定)パスワードは当日お知らせします。