世界気候エネルギー首長誓約について

「世界気候エネルギー首長誓約」(Covenant of mayors for Climate and Energy)は、持続可能なエネルギーの推進、温室効果ガスの大幅削減、気候変動の影響への適応に取り組み、持続可能でレジリエント(強靭)な地域づくりを目指し、同時に、パリ協定の目標の達成に地域から貢献しようとする自治体の首長が、その旨を誓約し、そのための行動計画を策定した上で、具体的な取組を積極的に進めていく国際的な仕組みです。
 この傘下の地域首長誓約として、日本では「世界首長誓約/日本」が立ち上がりました。

 The Covenant of Mayors for Climate and Energy is the world’s movement for promoting local climate and energy actions, aiming sustainable energy promotion, drastic greenhouse gas emissions reduction and adaptation for climate change impacts, at the same time mayors pledge their contribution to achievement of Paris Agreement goals and setting local action plan.
 As one of the regional Covenant of Mayors under a single umbrella, the Covenant of Mayors for Climate and Energy JAPAN (CoM Japan) has been set up in Japan.

さらに詳しく| Read More

みなさまへ

いま、世界首長誓約/日本の立ち上げの準備をしています。
このホームページにあります方法で進めていこうと考えていますが、 立ち上げに向けて、みなさまのご意見やご提案をお聞かせください。
お問い合わせフォームよりご意見などお寄せください。お待ちしています。

News

国連気候変動枠組条約のタラノア対話において、GCoMが自治体の役割を強調

GCoM、「データ、必要なリソース、知識ギャップに関する協議プロセスを開始