ヘルプデスクについて

ヘルプデスクの機能

「世界首長誓約/日本」事務局は、「ヘルプデスク」を設け、誓約を検討している自治体や誓約した自治体に対し、次のような支援をします。 

  • 特に、「実行計画」(区域施策編)の策定の経験のない自治体向けに、市町村ごとの基準年のエネルギー生産・消費量の把握、CO2インベントリーの作成、そして、エネルギー対策・CO2削減対策の効果分析のためのツールを用意しています。 
  • 全国・都道府県温暖化防止活動推進センター、環境・エネルギー関連の自治体ネットワークNGOなど(これらを「コーディネーター」と言います。)の協力を得て、誓約の普及や誓約自治体間の交流などを支援します。
  • 各種の再生可能な電力や熱、コージェネレーション、地域電力小売事業などのエネルギーの地産地消などの取組の専門家や組織、あるいは、関連企業の団体など(これらを「サポーター」と言います。)の協力を得て、 さまざまなアドバイスをします。
  • バイオマスなどの再生可能エネルギー、コージェネレーション、シュタットベルク、あるいは「エコプロフィット」、「フィフティ・フィフティ」などEUの自治体における先駆的な取組・グッドプラクティスの紹介・橋渡しをします。 

ヘルプデスクへのお問合せ

ヘルプデスクでは、専門家(サポーターなど)の協力を得て、次のような事項について、アドバイスや簡単なコンサルティングをします。

  • 「世界首長誓約/日本」の趣旨、手続きなどに関すること
  • 市町村ごとのエネルギー生産・消費量の把握、CO2インベントリーの作成などのためのツールに関すること
  • 地域におけるエネルギー対策・温暖化対策に関すること(技術、制度、ファイナンスなど)
  • EUの自治体・ビジネスの先駆的取組手法に関すること
  • その他

ヘルプデスクへのお問い合わせには、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。