「世界首長誓約/日本」に参加するメリット

17のSDGs


地域創生/地域循環共生圏づくりの後押し

  • 地域経済の再生やしごとの創出
    エネルギーの地産地消、温室効果ガスの排出削減、気候変動などへの適応のための設備投資、住宅投資、消費支出などの拡大は地域経済の再生や新たな産業、しごとの創出をもたらします。
     
  • 自立的・安定的なエネルギーの供給
    分散型で地産地消型のエネルギーのしくみが構築されていると、自立的・安定的なエネルギー供給が約束されるため、地域の企業、住民は安心して事業活動や暮らしを継続できます。また、企業誘致の際には有利な条件になります。
     
  • 資金還流による地域経済の拡大
    地域電力小売事業が実施される場合には、これまで地域外に支払われていた電気代が地域内に還流し、これらが地域内での設備投資や消費に向けられることにより、地域経済が拡大します。

「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現

  • 世界首長誓約は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成を目指しています。「世界首長誓約/日本」に誓約したいくつかの自治体は、政府の「SDGs未来都市」に選定されています。