(1) 域内における基準年の温室効果ガスインベントリの作成


誓約自治体は、以下の方法で、区域内における基準年の温室効果ガスインベントリ(表1)を作成します。

   基準年は、各誓約自治体が設定します。なお、国の温室効果ガス削減の基準年は、現在、2013年です。
   インベントリは、基本的には、「地方公共団体実行計画(区域施策編)策定・実施マニュアル算定手法編(平成29年3月環境省総合政策局環境計画課)」(以下「マニュアル」という。)に基づき推計します。
   日本事務局は、2013年度~2017年度の全国の市区町村のエネルギー起源CO2、一般廃棄物焼却起源CO2の部門別インベントリを推計していますので、参照してください。

 インベントリの対象となる温室効果ガスは、GCoMの共通報告枠組では、少なくとも、二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)及び一酸化二窒素(N2O)となっていますが、「世界首長誓約/日本」では次のように対応します。

①  地球温暖化対策法に基づく「実行計画(区域施策編)」(環境基本計画などに含まれる場合を含む。以下同じ。)を策定している誓約自治体であって、同法に基づき、温室効果ガスの排出量を推計し、公表している自治体は、その公表された排出量を記載します。

②  ①以外の誓約自治体は、エネルギー起源及び廃棄焼却起源のCO2排出量を推計し、記載します。

エ    インベントリの作成に際し、GCoMの共通報告枠組に基づき、推計できない項目などに関しては、以下の「注釈記号」を使用します。

NO (Not Occurring) 非発生
NE (Not Estimated) 未推計
C (Confidential) 機密情報
IE (Included Elsewhere) 他の箇所に記載

 

表1-1 基準年の温室効果ガスインベントリ(GJ)
  石炭 ガソリン 灯油 軽油 LPG 天然ガス 都市ガス 再エネ 電力 合計
農林水産                      
産業                      
業務                      
自治体                      
家庭                      
転換                      
自動車                      
鉄道                      
船舶                      
航空                      

注 最終消費だけでなく、自家発電、自家蒸気生産のために投入したエネルギーを含む。

                        

表1-2 温室効果ガス排出量記載例(基準年、二酸化炭素換算 t)
  セクター サブセクター 直接排出量 間接排出量 排出量計又は注釈記号
二酸化炭素 固定 産業 100,000 30,000 130,000
業務 100,000 110,000 210,000
家庭 120,000 130,000 250,000
エネルギー転換部門 0 14,000 14,000
移動 自動車 150,000 0 150,000
鉄道   10,000 10,000
船舶     NE
航空     NE
廃棄物   40,000 0 40,000
工業プロセス       0
土地利用       NE
合計 510,000 294,000 804,000
メタン       NE
一酸化二窒素       NE
その他       NE

 

表1-3 エネルギー生産部門の二酸化炭素排出量記載例 (二酸化炭素換算t)
カテゴリー 区域の中か外か 排出量計又は注釈記号
区域の中 区域の外

発電のみの発電所

 

 

NO

コジェネレーション

23,371

 

23,371

地域熱供給  

 

NO
再エネ生産 0 0

0