「世界首長誓約/日本」プレ・フォーラム~パリ協定の約束達成と地域創生~を岡崎市で開催 [Held a Pre-forum of CoM Japan held in Okazaki city, entitled Paris Agreement goal achievement and local revitalization]

「世界首長誓約/日本」プレ・フォーラム~パリ協定の約束達成と地域創生~を岡崎市で開催

12月22日、日本版「首長誓約」誓約自治体の岡崎市で、「世界首長誓約/日本」プレ・フォーラムを開催しました。岡崎市長の内田康宏氏が、開会の挨拶で首長誓約の取組みと今後の期待を述べ、名古屋大学教授で「世界首長誓約/日本」事務局の竹内恒夫氏がプレ・フォーラムの趣旨を説明しました。

第1部では、世界首長誓約の概要とCOP23の報告、欧州委員会のエーロ・アイリオ氏のメッセージ、「世界首長誓約/日本」の特徴とメリット(竹内恒夫教授)、西三河5市の活動紹介(みよし市環境経済部環境課長・深津弘樹氏)がありました。第2部では、「地域からの挑戦~気候エネルギー政策~」をテーマに、パネルディスカッションが行われました。

パネリストは、長谷川公一氏(全国地球温暖化防止活動推進センター・センター長、東北大学教授)、田口厚志氏(豊田市環境部長)、平沼辰雄氏(中小企業家同友会全国協議会地球環境委員会・委員長、おひさま自然エネルギー㈱代表取締役、㈱リバイブ代表取締役)および竹内恒夫教授、コーディネーターは原理史氏(中部大学中部高等学術研究所研究員)が担当しました。