中間市 福田市長が「世界首長誓約/日本」に署名

中間市(福岡県)の福田健次市長が6月17日、「世界首長誓約/日本」に署名しました。

福田市長は署名式であいさつし、「循環型環境システムを本気で考える街にしたい。小さな中間市が、環境システムを本気で考える際にどうしたらいいのか?その時、『世界首長誓約/日本』のリーフレットが届いた。環境問題、コロナ危機を経験し、私たち人間は、子どもたちと生きもの全てに対して何をすべきか自覚しなくてはいけない。この署名で、一歩踏み出したい。」と述べました。

中間市の誓約書を受け取った竹内事務局長は、「中間市を世界気候エネルギー首長誓約のブリュッセルの本部に登録する。中間市は、この署名によって、エネルギーの地産地消に取り組むことや、野心的な温室効果ガスの削減目標を掲げていくことが発信される。首長誓約の取組みは、地域経済に貢献すると同時に地球環境にも貢献する、両面がある。」と、今後の期待を述べました。

中間市の署名により、「世界首長誓約/日本」の誓約自治体は合わせて23になりました。